外で働かないマン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外で働かないマン

新卒で入社した会社を半年で退職。第二新卒として働き出すも突然入院の事態から正社員登用見送りに。外で働かない、雇用関係を持たない働き方を模索してます。

日常を楽しむ力は己に託されているのだ!!!!!

スポンサーリンク

こんばんは。きゃんです。
(今日は映画紹介させてください!いつも通り思うがままな文章でお届けします笑)

なんかいいことないかなー。
これ私のきらいな言葉なんですけどね!!!この他力本願で棚ぼた的に楽しいことが運ばれてくるのを期待してる感じがどうも好きになれんのです!

でも思わず口走りそうになるときってあると思うんですよね。(「なにかいい」まで出かかったら飲み込むけどね笑)

なんか色々うまくいかなかったときとか、もう自分の殻に閉じこもってふさぎこみたい気持ちのときとかにね、他力本願したいくらい日常に楽しさを感じられないことって経験したことあるんじゃないかなあ。

去年の5月に入院したときに、まさにベッドの上で私こんな感じになりかけてたんですよ。4月に再就職してやっと再スタートだ!って張り切って働いてたら、緊急入院!ってよくできたドラマかよ!って思いましたもん(笑)

私がなにか悪いことしたかよ〜報われてくれよ〜って気分だったし、自分の身体や仕事のこと未来に対して不安だらけ。明日目が覚めたら、これは夢でしたーってなればいいのにってベッドの上で懇願(笑)

唯一没頭したことが読書と映画鑑賞。そんな入院生活の鬱憤を吹き飛ばしてくれた映画が「インスタント沼」だったのです!!!

ジャーン!!!

ちなみにアマゾンビデオでの紹介文はこんな感じ。

「ひらけ、ぬま。」 担当雑誌が廃刊し、男には振られ、母親が池に落ち昏睡状態になるなどまさにドロ沼の沈丁花ハナメ。 ジリ貧OLが見つけた不思議な沼をめぐる、世にも奇妙な秘密! 三木聡が仕掛ける予測不能なサプライズ。


ジャンルでいうと、爽快感溢れるヒューマン・コメディ。もう見終わったあとスッキリ!気持ちいいの!

なんていうんだろう邦画のよさがギュッと詰め込まれてる感じ。誰しもが感じたことのある心のもやもやだったり、変化のない日常に対しての鬱憤を題材にしてるっていうありがちなパターンなんだけど、それを見事に跳ね返す力のある作品です。

コメディだからクスッと笑えるんだけど、肝心なところは押さえてて、グッとくる名言が多いのがこの映画の特徴!生きるヒントが散りばめられてます!


毎朝起きると今日こそはなんとかなるんじゃないかと思う。そんでもって、なんともならずに夜は寝る


ここから麻生久美子さんが演じる主人公・沈丁花(ちんちょうげ)ハナメの物語が始まる!まさに冒頭の「なにかいいことないかなー」っていう日々を過ごしてる女の子。(こういう経験あるある笑)

とにかくハナメは、自分の感情に正直な子なんですね。泣いたり、笑ったり、怒ったり、表情がコロコロ変わる。そんなハナメが浮いたり沈んだり、紆余曲折しながら変わっていく話です。

キャストが豪華で癖のある演技がたまらんですよーみんな大好き加瀬亮さん風間杜夫さん宮藤官九郎さん相田翔子さん温水洋一さんなどなど名俳優さん揃いです!


ネタバレしない程度で、私が心うたれた名台詞を紹介します!

たまには、ありえないものとか見なさいよ。
ありえないものなんてないもん〜
あるのよ〜ありえないこともね。

人間には、どんなに人に迷惑をかけても知らなきゃいけないこともあるのさ

どこまで今来てるかわからないでしょ?自分が富士山の五号目まで来てるのか、九号目まできてるのか、わからないもんよ~ 

パンクだったらパンクらしく、非常識なことしてみなさいよ!

ある人にとってはゴミでも、ある人にとっては宝物だったりする。醍醐味は一見無価値なものに、別の価値を見出すと一気に値がつりあがること。



まだまだ書きたい名言はたくさんあるんですが、これ以上書くと観たときのワクワク感が減っちゃうのでこのへんで!

とにかく一言一言が刺さります。潔くコミカルに描いてあるから、見終わったあとに爽快感とパワーを貰えるのもこの映画ならでは!

自由に生きる、生きるヒントが得られる映画です!


なにかいいことないかなーって思ってる人、
現状に不満がありながら、なにかと理由をつけて変化することを諦めてる人、
目標に向かって走っているけど不安になってしまう人、
自由に生きたいと思っている人、

きっとこの映画を観れば、響くものがありますよーーー!!!


私今日2回目だったのに、最高に爽快だったし元気でたもん(笑)



すぐに観たい人は、アマゾンプライムがオススメです(笑)


最後に、この映画を観た私の名言。
日常を楽しむ力は己に託されているのだ!!!!!


そういうこと!では!