外で働かないマン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外で働かないマン

新卒で入社した会社を半年で退職。第二新卒として働き出すも突然入院の事態から正社員登用見送りに。外で働かない、雇用関係を持たない働き方を模索してます。

自己紹介とこのブログについて

自己紹介

スポンサーリンク

こんばんは。きゃんです。


なんか色んな人のブログ見てプロフィール書きたいなーーーって思ったので自己紹介させてください!!

f:id:can1222:20151224162704j:plain
アイコン画像は、お気に入りの脱腸マン!じっと待ってられなくて、おしぼりの袋伸ばしたりするタイプです。遊んだあとはきちんと片付けて帰ります(笑)同じタイプの友達と遊んでるときに生まれたキャラクターでなんだか愛おしくてリアルのtwitterアイコンでも使ってました!


つい脱腸マンについて語ってしまいました......そろそろ自分について語りますね!

 

f:id:can1222:20160222222631j:plain

□きゃん/大可薫奈(おおかゆきな)
□12月22日生まれ(24歳)
□広島生まれ
□3人兄弟の長女 1個下の妹と4個下の弟がいます!
□好きなもの:ファッション、デザイン、アート、音楽、食べること、ビール、日本酒、目が冷たい人
□きらいなもの:ツナ(これだけは食べられない)、マッコリ、人混み

幼少期

f:id:can1222:20160120170512j:plain

母:(よーし今日は数かぞえしよ!)きゃんちゃん、これなーに?
私:指!
母:(ピースをして)じゃあ、これは?
私:指!
母:(パーをして)じゃあ、これは?
私:指!

f:id:can1222:20160120171905j:plain
ねーママー!!あのタイ鯛おいしそうだね〜食べられる??
(母、私の口をそっと押さえる)


こんな感じの幼少期(笑)毎日遠足する幼稚園に通っていたので、基本的に野山をかけめぐり、虫を捕まえたり、花を摘んだり、のびのび思うがままにって感じでした!!

小学校

1年生の2学期から転校して入った学校で卒業まで過ごしました!

親友と毎日徒歩20分の通学路を1時間くらいかけて登校してた(笑)
みの虫見つけたり、弱ったツバメにミミズあげたり、神社にお米持ってってスズメにあげたり、通学時間が1番楽しかったです!

3、4年くらいからあの子気に入らないから無視しよ!的ないじめが始まり、よくいじめられた(笑)男子にも女子にもよくいじめられた(笑)無視されたら、その頃は仕返してたから、私もいじめはしたことがある。あれは本当にくだらない。だけどあの年頃は通る道なのかな?

髪色が生まれつき明るかったので、「染めていきがってるやつがいる」と中学の先輩たちに目をつけられる(笑)ストレートでそのまま中学に進学したら、いじめられるの確定だったので、中学受験することに決める!

5年生からめっちゃ勉強した記憶がある。塾の友達と一緒に勉強してる時間が楽しかったし、根本を理解しながらやる楽しさに気づけて勉強が全然苦じゃなかった!リビングでテレビついてる中勉強するのが好きでした!

途中でいやになったこともあったけど、母の自分で決めなさいって言葉が効いて、受験勉強を続けることができた。

で、無事第1志望校合格!!!さよーならーーー小学校のみなさーーーん!こんにちはーーー新しい世界ふううううううう!!!!って感じでした(笑)

中学校

とにかくチキンなんで1人でぼーっしてたら、心やさしい子たちが声かけてくれて気づいたら友達が出来てました!あと女の先輩が自分たちの階まで降りてきて、友達になって♡と声をかけ手紙を貰う異常なラブコールを受けていた。あれはモテ期だったかもしれない!

部活見学に行き、先輩がかわいくてやさしかったからという理由だけで陸上部に入る。

走るの苦手な私には向いてない部活だった!!!長距離が好きだけど、女子メンバーがいないから短距離をやり続けたのが間違いでした(笑)あと夏は日焼けするし、暑いし、練習メニューがきついし、耐えられなくて逃げてた...(楽しくなかったんだろうね笑)

顧問に帰れ!!!と言われて帰るほど気が強かった(笑)

で、中学校でもいじめられます。というより、仲良かった子と一緒に通学してて、毎日遅刻してくるから周りの友達に困ってるって愚痴こぼしてたら、耳に入ったらしく銀行が潰れた跡地に呼び出された(笑)

その子の後ろからぶわっと友達がたくさん出てきたとき、私は女子のこわさを感じたものだ。集団になれば強くなるのだ。ボスつええ。
(この事件は今では笑い話。当時のボスが、あれは私が悪かったと言ってました笑 だよね?笑って語り合えるほどの仲良しです!)

きゃんってあだ名も中学で生まれたし、結構楽しい学校生活でした。いやなときは保健室にかけこんでたけど笑

高校

ストレートで進学。

高校からはテニス部に入る。友達がたくさんいて、楽しそうだから!もう陸上部を離れたかった(笑)楽しさだけを追い続けて弱かったけど、なんか部活命にはなれなかったから私は満足してました!!(根性ないんだよなあ〜)

高1のクラスは最初好きになれなくて、隣のクラスに遊びにいきまくってた。
それなりに楽しんで、高2になる。

高2からクラスが文理に分かれ、私はやりたいことが決まってなかったから、とりあえず理系に。(文転ならしやすいって聞いてたので!)

お受験モードの空気にやられる。志望校決まってゴリゴリに勉強してる友達が眩しくて、見れなくなる。自分なんてやりたいこともないし、何のために学校で勉強してるかも分からない。もはや生きる意味が分からない。学校行く意味とは......?

ひきこもりになる。断固通学拒否。友達からの連絡もそこそこに無視。
とにかく寝て食べてだけを繰り返す日々。何か変わるわけでもなく、なんでみんなあんなに楽しく生きていられるんだって本気で思ってました。生きるってなんだ?生きる意味はあるのか?って頭の中でぐるぐるぐるぐる。

結構な日数引きこもってたら、出席日数が足りなくなるところまでいった!
母にひっぱり出されて制服を着せられ、車に揺られて学校に投げ下ろされたことから、私に女神が微笑みかける。

ようするにここから私は這い上がり、目標を見つけ、センターE判定だった第1志望校に合格する!!!(詳しくは下記に書いてるので、よかったら読んでみてください!)

can1222.hatenablog.com

 
前向きに生きる希望を持ち出した瞬間、女神が味方をしてくれたおかげで、私は無事高校を卒業することができました!今も数は少ないけど仲良くしている友達もいるし、高校生活悔いなし。ひきこもりの経験はなくてはならなかったことだと思ってます!

大学

いわゆる逆転合格で掴んだ華の大学生活は楽しかった!!!!!!東京の大学で、初めての1人暮らしも経験したんですよ〜
(もう遊びほうけてました、もっと有意義に過ごせたとは思うけど、戻れないゆえに後悔はしていない。)

大学では映像を制作するサークルと軽音系のサークルに入りました!
(軽音の方は今回は置いておこうと思う。もう既に長いので!笑)

初めて映像のサークルに行ったとき、とにかく楽しくてそれから毎日部室に通い詰めた(笑)単純なんです!楽しい人とは一緒にいたい!なんだろう生まれて初めて、波長の合う人と一緒にいる楽しさを強く感じた瞬間だった。ビビビ!ってやつですね。

映像つくるのはもちろん楽しかった!!!自分で考えて、キャスト組んで撮影して、編集してって作業がとてつもなく地道なんだけど、どんどん積み重なって作品が出来上がっていくのはなんとも言いがたい高揚感があった。

50時間くらいぶっ続けで編集し続けるくらい楽しくて、没頭してました(笑)寝ても覚めても編集って聞いてたらしんどいんだけど、当時は楽しくて早くその場に戻りたくて仕方ないって感じでしたね。

好きな曲のPVを勝手に作るっていうのをやってて、今見れば拙いなあと思う部分もあるんだけど、結構いいじゃんって思える好きな作品なのよね。最初の作品と最後らへんの作品のレベルは上がってるなあって思えたし!

何より映像のサークルの人たちとは色んな趣味を共有できるのがよかった!おかげでファッションも音楽もお酒も大好きになって、世界が広がったんです!なんか常にフットワーク軽い人に囲まれてるから、何かしたいって声かけたら集まる感じで、それが良かった。

同期にはほんと気を遣わないでよくて、いい意味でみんな諦めててそれぞれの役割分かってる空気感が大好き!もうみんな働いてて忙しいんですけど、日程合わせて年1回旅行に行けるフットワークの軽さは賜物だと思う。

このサークルがきっかけで、軽音系のサークルも入ったし、実は大学3年から他大学のインカレに入ったりもしました!!

で、勉学の方は周りのセンスの良さに圧倒されて逃げてばっかりでした。
デザインの学部にいたのですが、もうどうしようもない落ちこぼれ!努力してなかったんで、当たり前なんですけどね(笑)(てか何かとつけて、自信ないことからは逃げてた。完璧を求めすぎて、行動が起こせなかったんですよね。)

けど学べたこともあって、やっぱりデザイン思考っておもしろくて、美しいものを作るだけではなくて、機能を持たせる、価値を生み出す、問題を解決するっていう手段を含めて、成果物として作り出す。そんなことを感じられる環境にいられたことは、大きな財産だと思ってます。

editing研究室に入って、editing=既存の情報を組み替えることによって、新たな価値を生み出すっていう定義に基づいて、あれやこれやと話し合う機会が出来て、めちゃくちゃ楽しかった。(定義については、もっと詳細だったと思うけどザクッと言うとこんな感じだったはず。)

教授が研究室に入ったばかりの頃に、editingって小さいことで言うとこういうことですよ、って言った例が今も忘れられない。

あなたが歩いていて、近くにポタポタと水が落ちてくる場所があったとする。そうするとあなたはおそらく気づくことなく、ただそこを通りすぎる。
だけど、そこに”頭上注意”というサインが置いてあったなら、あなたはきっとその光景に目を向ける。フォーカスする瞬間が生まれる。

このサインを置いてあげることこそ、editingなんですよって言われてめちゃくちゃ腑に落ちたんですよ。あーこの考え方めちゃくちゃおもしろいなあって思った瞬間でもあり、この研究室を選んで良かったと思った瞬間でもありました!!

そんな感じで、落ちこぼれではありましたが、楽しく有意義な時間を過ごしました!

新卒1年目以降

新卒の会社、最初はめちゃくちゃ楽しく働いてました!任される仕事も単純作業じゃなくて、ワクワクするような楽しいものだったし、自分のやりたいことも積極的にやらせて貰ってました!

ただ、いつからか抱える仕事が増えすぎたり、上司の意見が二転三転することに耐えられなくなってきてキャパオーバーになってきたと感じて、上司に相談したんです。
相談した結果、私はまだ大丈夫と判断されたんですよね。全然大丈夫じゃないのに。そこから心を開くことがなくなって、少しずつ歯車が狂っていきました。

最終的には、心身ともに壊れるほどの状態になって、逃げるように退職しました。
詳しくはこの記事に書いてます!

can1222.hatenablog.com

 
短期離職したあとは、実家に戻ってひきこもりました。分からなかったんですよ、どうやって生きていけばいいか。

で、ようやく心を立て直して、転職を決意して内定貰って、去年の4月から気持ち新たに働き出したら、脳の炎症から運動障害が起きて入院するような出来事があったんですよね!勢いよく、いい方向に事が進んでいたので、私もびっくり!

 
詳しくはこの記事に書いてます!

can1222.hatenablog.com

 

そこから身体のことを第一に考えるようになって、雇用されない働き方や外で働かない働き方を、現在の外で働かないマンとして模索している状態です!!!!!


はあ、長いなこの記事。きもいくらい長いな。どんだけ自分のこと知ってほしいんだろう。妖怪承認欲求なんです.......許してください。読んでくれた方ありがとう。大好きです。

総じて私は完璧を求めて、逃げすぎてきた!向き合うことをせずに、とりあえずやってみることをせずに、ただひたすら逃げてきました。
このままではいかん!と最近やっと自分に自信を持って、生きる道を志すようになったんです。いい変化だよねえ。

だから私はこのブログと一緒に成長していきたいなと思ってます!!!日々の感じたこと、思うこと、考えたことを蓄積していけば、私の財産になると感じています。

ちょっとずつ成長していく私を見ていただければ、うれしいなあと思うのです。私と同じような人が、ふっと心が動くような文章を書いていこう!そう思っています。


はーーーなげえ!熱い想いが溢れたわ。読んでくれた人ありがとうございます!
これからもときに真面目に、ときにふざけて頑張ります!!!!!


では!

 

※このブログは、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。

 

また、広告としてGoogle AdSenseを含む第三者配信事業者を利用しています。