外で働かないマン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外で働かないマン

新卒で入社した会社を半年で退職。第二新卒として働き出すも突然入院の事態から正社員登用見送りに。外で働かない、雇用関係を持たない働き方を模索してます。

【広島情報】西条で酒蔵めぐりをしてきたよ!

お久しぶりです。きゃんです。

 

12/3(土)に広島ブロガーのかずのこさん(@roomliveman)とasagiちゃん(@0120Momii)と西条で酒蔵めぐりをしてきました!

 

 当日は見事な晴天!真っ青な空、きれいだったー

f:id:can1222:20161213135532j:plain

 

天気もいいし、酒蔵めぐり日和だーなんていいながら酒蔵目指して歩く、歩く。

 

途中で素敵なお店を発見!

f:id:can1222:20161213135528j:plain

 

ガラス張りのお店を思わず見惚れて外からじーっと眺めていたら、店員さんが出てきて、「どうぞー」と中へ入れてくれました(笑)

 

中には洋服やアクセサリー、食器、美味しそうな紅茶など暮らしにまつわるものが売ってあって、どれもシンプルかつ洗練された素敵なものばかり!

ぜひ西条に来たら、寄ってみてほしい場所です!

 

 

ようやく酒蔵通りにたどり着き、まずは西条鶴醸造へ!

f:id:can1222:20161213135621j:plain

 入口から酒粕のいい香り。

 

中には日本酒の作り方の説明と写真が飾ってありました。

f:id:can1222:20161213135535j:plain

 

ここでは、できたばかりの生酒と火入れをした醸造酒を試飲させてもらいました!

 

火入れ...日本酒を造る工程で、「加熱処理(火入れ)」という作業を行います。加熱処理(火入れ)とは日本酒の腐敗を防ぐため、熱を加えることです。火入れをしないと、火落菌という菌により、日本酒は貯蔵中に白濁して腐造されてしまうのです。

生酒..生詰め..生貯蔵..何が違う?生酒を分かりやすくご紹介! | KURAND

 

 

生酒は香り高くてすっきり、爽やかな味。これは思わず飲みすぎてしまって、酔っ払うやつやー。

もうひとつの方は、古漬けのような香りが特徴的で、味はしっかりとした深みがあって、試飲分でクラッとくるくらい。

 

試飲をしている間、店員さんが丁寧に説明をしてくださるので、自分の好みを伝えて他の種類を試飲させてもらっている方もいましたよー!

 

 

蔵の外に出て、仕込みに使われる井戸水をゴクリ!

f:id:can1222:20161213135623j:plain

甘みがあって、口当たりがまろやか。酒蔵ごとにある井戸水飲んだ中で、1番柔らかかった印象。

 

 

お次は、白牡丹酒造へ!

f:id:can1222:20161213135608j:plain

蔵の入口に吊り下げてある丸い玉は、杉玉というもの。

杉玉...醸造元であることを示すシンボル。新酒のできる頃に新しいものにつけ替える蔵元も。(引用:西条酒蔵通りそぞろ歩きマップより)

 

f:id:can1222:20161213135548j:plain

試飲はしなかったのだけど、ラベルなどを飾ってある空間にある樽で作られた机が印象的でした!こういうの好き。周り囲って、立ち飲みしたくなる感じ素敵!

 

f:id:can1222:20161213135547j:plain

机の上には米の磨き具合のサンプルが置いてありましたよー。お米を磨けば磨くほど、甘みやコクのあるお酒になるのだそう。削った分お米が小さくなるから、お酒を作るのに必要な米粒の量も増えるのでコストが高くなるんですって!

 

 

さて、次は賀茂鶴酒造へ!

f:id:can1222:20161213135557j:plain

 

賀茂鶴酒造、敷地の広さが圧巻。

f:id:can1222:20161213135524j:plain

お酒が飾ってあって、めでたさに思わず写真を撮った。

 

中に入ると可愛らしい椅子がお出迎え。

f:id:can1222:20161213135523j:plain

樽で作る椅子可愛い!いつか門出に酒樽買って、自作してみたいなあ(笑)

 

 

試飲はセルフサービス!数の多さに驚きました(笑)

f:id:can1222:20161213135525j:plain 

 

全部飲んだら、酔っ払ってできあがってしまいそうなので、気になった辛口の2種類をクイッと。

f:id:can1222:20161213135536j:plain

あー美味しい。何より賀茂鶴でいいなあと思ったのは、ポスターにそのお酒に合う料理の写真を一緒に入れてあるんですよ。思わず、「あー絶対合うじゃん、これは合うわ。間違いないわ。」ってぼやいてました(笑)食べたい料理に合わせて、日本酒を選べるっていいですよね!

 

中には、樽の椅子に座って、お酒の作り方などの映像を見られる場所もあるので、歩き疲れた方は休憩がてらに日本酒のことを勉強してみるのもオススメです!

 

 

続いて、亀齢酒造。

f:id:can1222:20161213135722j:plain

亀をモチーフにしたグッズがたくさん売られてるのが印象的でした!亀のスプーンがとても可愛かった。かずのこさんとasagiちゃんはここでガラスのおちょこを買ってました!酒粕アイスも売ってたよ!

 

この2つを試飲させてもらいました。

f:id:can1222:20161213135620j:plain

蔵元限定とのことで、美味しかった。酒感が強めで、ひと口飲んだだけでガツンとやられました(笑)これ以外にも気になるものがあれば、声をかければ試飲可能とのこと!お酒飲めない人には、ノンアルコールの甘酒がありましたよー

 

 

なんだかんだで結構飲んでるねーなんて言いながら、目指したのは福美人酒造!

f:id:can1222:20161213135554j:plain

 

f:id:can1222:20161213135617j:plain

中に入ると仕込みの井戸水をたくさん汲んでいる方がいて、「きっと料理に使ったり、飲み水としていたり、生活に欠かせないんだろうねー。地元の人かなあ。」なんて会話をしたような!

 

ここでも試飲して、asagiちゃんの気に入ったお酒をプレゼント!

 

 

最後に賀茂泉酒造の酒泉館へ。

f:id:can1222:20161213135627j:plain

 

この看板を見て、うおーお酒喫茶って最高じゃんと声をあげる私。(昼からお酒飲むの大好きw)

f:id:can1222:20161213135827j:plain

 

 

中に入ると席が10席ほど。

f:id:can1222:20161213135542j:plain

私たちは手前の丸テーブルに座りました!

 

メニューを見ながら、飲むお酒を選びます。

f:id:can1222:20161213135641j:plain

 

f:id:can1222:20161213135755j:plain

私はフルーティ飲み比べセットを!(女子らしくてええわーって言いながらチョイスするあたりが女子力...ごにょごにょとつっこまれる)

かずのこさんは賀茂泉飲み比べ5種のハーフサイズ!

asagiちゃんはにごり酒を!

 

何かつまみをと思っていたら、

f:id:can1222:20161213135550j:plain

こんな素敵なおかみさんお手製のおつまみが!どれも本当に日本酒に合いそうで美味しそう。既に3人ともよだれが垂れそうな状態(笑)


白ネギマリネ、ニラしょうゆづけ、大根しょうゆづけを注文。

(ニラしょうゆづけを「こうしょうゆづけ」ってなんだ?とasagiちゃんと言っていたら、ニラだよって冷静にかずのこさんにつっこまれる)

f:id:can1222:20161213135601j:plain

 

左からワイン風日本酒、日本酒仕込みの梅酒、蔵元限定大吟醸酒です。

 f:id:can1222:20161213182815j:image

 

1番左のワイン風日本酒は、着色料を使っておらず、酵母の色によってピンク色に染まっているとのこと。

味は少し甘みのあるワイン風でありながら、後味にふっと日本酒が香る感じ!

 

 

真ん中の梅酒は、日本酒仕込みのおかげでかなりサラッとした飲み口。梅酒特有の甘ったるさがなくて、スッキリ飲みやすかったです。私は一般的な梅酒より日本酒仕込みの梅酒の方が好みでした!

 

 

1番右の大吟醸酒は、品評会などで出される蔵元限定のもので市場に出ないものだそう!飲みやすさと同時にクラッとくるお酒感。珍しいものをいただきました。

 

おつまみがほんとお酒に合う!野菜の美味しさが活かされてて感動でした。家でもこんなおつまみ作って飲もう。最高だ。

 

 そんなこんなで、酒蔵めぐりは終了!このあとコーヒー休憩して、オープンと同時に焼き鳥屋に駆け込んでたくさん食べて飲みました(笑)

 

 

初めての酒蔵めぐりとっても楽しかったです!酒蔵ごとに日本酒の味や仕込み水の違いを楽しめて、比較できるのが良かったなあ。蔵ごとに建物の雰囲気も違うし、店員さんのお話も魅力的でした!

 

またふらっと西条行きたいな!ぜひ広島近辺にお住いの方でお酒好きな方は行ってみてください。試飲で顔がぽーっとなるくらいには酔っ払ってしまいますよー(笑)

 

 

久しぶりの更新でした!

では!

 

編み物初心者がアンテプリマ風のきらきらバッグを作ったよ!!!

こんばんは。きゃんです。

 

先月手芸屋さんでアンテプリマ風のきらきらバッグに一目惚れ。すぐに材料を買って、編み図を貰って編み始めました!

 

 

 

1週間で完成!我ながら勢いだけは、褒めてあげたいレベルの早さ(笑)

 

 

材料

f:id:can1222:20160722115406j:image

 

・ジュエリーヤーン(ビニール素材の糸)50m×2本

・クリア取っ手

・編棒10号

 

 

作り方

(※覚書でかなりざっくりです。初心者の方は編み図を用意して進めましょう !)

参照:ドリームで貰った編み図

 

1.全長が13cmほどになるまで作り目をつくります。(目安:18目)

 

↓作り目のやり方↓

 

2.ガーター編みで両端で目を増やしながら、編み進める。横幅27cmほどになったら増やし目は終了。(目安:38目)

 

編み途中のイメージはこんな感じ。

f:id:can1222:20160722121048j:plain

 

 ↓作り目後のガーター編みのやり方↓

 

↓ガーター編みで左端まで編んだ後の増やし目のやり方↓

 

↓ガーター編みで右端まで編んだ後の増やし目のやり方↓

 

 

3.残りは目を増やさず、ガーター編みを繰り返して、キリよく段を編み終えるところまで編んでいきます。取っ手の取り付けのために糸端2m残しておきましょう。見た目がドラえもんのポケット(以下ポケット)のような半月形になればOKです!

 

 

4.同様の手順で、3でできたポケットと同じ形でもう1枚編む。

 

 

5.取っ手と3で残しておいた糸端を編み繋ぐ。取っ手2つ分行います。

 

 

6.ポケットの上部分から6センチほど開けて、2枚の端をすくいとじ、底は巻きかがりとじで繋ぎ合わせます。糸端は編み込んでキレイに隠して完成です!

 

↓すくいとじのやり方↓

↓巻きかがりとじのやり方↓

 

 

と、ここまで自分の記憶を頼りに動画を探しつつ書き進めていたら、同じ編み図のPDFを見つけてしまいました(笑)

http://www.marchen-art.co.jp/download/lamar/%83%89%81E%83%81%83o%83b%83O%8A%DB.pdf

詳しい編み図をダウンロードして、ぜひきらきらバッグ作りましょう!

初心者の方は、編み物の用語が分からないと思うので、私のピックアップした動画を参考にしてみてくださいね!

 

 

完成品がこちら! 

f:id:can1222:20160722115512j:image

 

初心者の方は慣れるまで編み目が安定しないと思います。だけど細かいことは気にせず、ドンドン編み進めていきましょう!少々編み目が不安定でも大丈夫!キレイに編み過ぎない方が、ビニールの反射の仕方も味が出て可愛いんだとか!

 

初心者における1番のポイントは、とにかく失敗を恐れず編み終えることです!最初から形の良いキレイなものを作ろうとして、編み直しを何度も繰り返してたら心折れちゃいますから(笑)編み針も糸も眠ってしまわないうちに、編み終えちゃいましょー

 

 

 

夏には涼し気で使い回しの効くきらきらバッグ!私はこんな風に使ってます!

f:id:can1222:20160720160119j:image

カジュアルな格好には、きらきらバッグでカッチリ感を出して使うのが好みです!服装とバッグのギャップが可愛い!

 

 

もちろんカッチリとしたコーディネートにもぴったり!

f:id:can1222:20160720160122j:image

クラッチバッグのようにキメ過ぎず、程よくカッチリとした雰囲気を保ちつつ、抜け感を出してくれるところがお気に入りです。ちょっとキレイめな格好しなきゃいけない場所でも全然行けちゃいますね!

 

あとは、無難にワンピーススタイルにも合いますね!バッグ中心でコーディネート考えるのも、楽しい!イメージしてたコーディネートにぴったり合った時は、とっても嬉しいものです!

 

初めて作ったバッグでお出かけした日は、なんだか愛おしくてくすぐったくて、ウキウキしてました(笑)

 

 

私は服装が白、黒、グレー、青とか寒色系で単色使いのものが多いので、糸をゴールドにしました。

 

ぜひ自分の服装の系統に合う色を選んでくださいね!きらきらバッグは、意外とカジュアルにもセミフォーマルにも使えるので重宝しますよ!

 

自分で編むと本当に愛着が湧いて、愛おしいです。まだまだ色々編んだり、作ったりしていきたいと思いますー!

 

では!

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ジュエリーヤーン
価格:1814円(税込、送料別) (2016/7/22時点)

スタイリスト佐藤かなのいちばん使えるニット

スタイリスト佐藤かなのいちばん使えるニット